歯を失ったときの治療

歯を失ってしまったら早めに治療を

むし歯や歯周病そして外傷などさまざまな理由で歯を失ってしまうことがあります。場所によって重大だと思わず、そのまま放置してしまうと、見た目が悪いだけでなく、抜けた歯のとなりや咬み合っていた歯が倒れ込んできたり伸びてきたりして咬み合わせのバランスをくずしてしまいかねません。お口全体の健康を損なってしまわないように、歯を失ってしまったらなるべく早く治療しましょう。

歯を失ってしまったときの治療にはおもに3つの方法があります。それはとなりの歯を削って橋のように連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」と、もっとも歴史が古くポピュラーな「入れ歯治療」、そして顎の骨に人工歯根を埋め込む「インプラント治療」です。大分市中央町の歯医者「おの歯科医院」ではお口の状態やご要望に合わせて患者さまに合った治療方法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療について

歯があった部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上にセラミック製などの被せ物を装着したり、特殊な入れ歯を装着したりして歯の機能を補います。入れ歯治療やブリッジ治療よりも見た目を自然に仕上げることができ、自分の歯に近い感覚を得られるのがインプラント治療です。

インプラント治療を行う際には正確な診断や精密な治療技術が求められます。おの歯科医院ではさまざまな優れた技術や設備を活用し、安全で高品質なインプラント治療をご提供しています。インプラント治療について詳しくはこちらをご覧ください。

インプラント治療 最新設備でご安心して治療を受けていただけます。

入れ歯(義歯)治療について

部分的に歯を失った場合には部分入れ歯(部分床義歯)を作製し、歯が1本も残っていない場合は、総入れ歯(全部床義歯)を作製します。また保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯もあります。大きな違いは使用する素材と作製方法です。保険診療の場合は、素材と作製方法に制限がありますが、自費診療の入れ歯は、「咬みやすく」「より自然に」「より軽く」「より味覚を楽しめるように」などのこだわりを実現できるような素材や作製方法を選ぶことができます。

取り扱い入れ歯
金属床義歯

金属床義歯

歯肉にあたる床部分が金属製の入れ歯です。薄いので違和感が少なく、食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根部分に磁性金属を被せ、入れ歯には磁石を入れて磁力で固定します。しっかり安定するので外れにくく咬みやすい入れ歯で見た目も自然です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

残っている歯にかけて固定する金属のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。弾性のある特殊な素材を使うので、フィット感があり、自然な見た目です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

数本のインプラントを埋入し、そこを支えに入れ歯を固定します。入れ歯が安定するので、しっかり咬めます。全部の歯を数本のインプラントで補うことができるので、すべての歯をセラミック製の人工歯で作製するより安価です。

ブリッジ治療について

ブリッジ治療について

失った歯のとなりの歯が残っている場合、両方を削って支台にしてそこに橋渡しするようにつなげた人工歯を装着する方法です。素材は限定されますが保険診療でも機能回復ができるので比較的安価に治療できます。審美歯科素材を使用すれば自費診療ですので比較的高価ですが、自然な見た目に仕上げられます。保険診療でも自費診療でも健康な歯にダメージを与えてしまうのがデメリットです。また支台にした歯に大きな負担がかかるので、その歯の寿命を短くしてしまうという注意点があります。

  • 歯周病ってどんな病気?
  • 歯周病の治療について
  • 再生療法って? 歯を支える組織の再生です
  • 歯ぐきのための外科処置	歯周形成外科について
  • 咬み合わせは大切です
  • むし歯も歯周病も予防可能です
  • 美しい歯を作製します歯を白くします
  • 一般的な歯科診療について
  • 初めてご来院の方へ