一般歯科

一般的な治療について

「歯が痛む・しみる」「奥歯が痛む」など、誰もが「歯医者へ行こう」と思う症状の治療を行う診療メニューが一般歯科です。むし歯や歯周病の治療、入れ歯治療や親知らずの抜歯などが含まれます。大分市中央町の歯医者「おの歯科医院」ではできるだけ痛みを抑える、できるだけ歯を残す、できるだけきれいに長持ちさせられるといったことに注力した治療を心がけています。

おの歯科医院のむし歯治療は?

おの歯科医院のむし歯治療は?

むし歯は、細菌がお口の中の糖分を分解してネバネバした物質(歯垢)を形成し歯に付着してから「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていく病気です。ごく初期段階では自覚症状はありませんが、進行するにつれ歯の表面のエナメル質から象牙質に汚染が進み、さらに歯の中の神経にまで達します。そのまま放置すると歯の大部分が溶かされて抜歯が必要になってしまいます。

おの歯科医院は、患者さま一人ひとりに適した治療プランを作成し、ご納得いただいてから治療を進めている歯医者です。1本の歯だけを治して終了ということではなく、お口全体をひとつの単位と考えて、咬み合わせを含めてお口全体の健康を考えています。

おの歯科医院のむし歯治療は?

まず大切なのが、一つひとつの処置を正確に行うことです。そのために使用しているのが医療用拡大鏡です。歯科医師だけでなくスタッフみんなで使用し、同じ視界の中で治療をしています。常に高品質の診療をご提供しながら、「歯を長持ちさせる」をモットーにさまざまな治療を行っています。

重度のむし歯でも歯を残せるかもしれない~根管治療について~

重度のむし歯でも歯を残せるかもしれない~根管治療について~

神経にまで達してしまった重度のむし歯はそのまま放置すると抜歯を余儀なくされます。しかし抜歯をしてしまうと顎の骨が痩せてしまいやすく、咬み合わせのバランスもくずしてしまいがちです。そうならないように、歯を残すために行うのが根管治療です。

根管治療とは、歯の神経や血管が入っている細い管「根管」の中から細菌に汚染された神経や歯質を取り除き、洗浄・除菌してから薬剤をすき間なく詰めて密閉する処置です。細かい部位の細かい作業の連続ですが、少しでも細菌を残してしまうとむし歯が再発してしまいます。当院では、精密さが要求されるうえ手間がかかる根管治療の際には、医療用拡大鏡を使用して、細かい患部を確認しながら行っています。

必ず抜かなきゃいけないの?~親知らずについて~

必ず抜かなきゃいけないの?~親知らずについて~

親知らずは28本の永久歯が生えそろったあとで奥歯の奥に生えてくる歯です。最近は顎が小さくなる傾向があるので、親知らずが生えてくるスペースが足りなくなることも多く、斜めに生えたり、生えてこなかったりと人によってさまざまです。

痛みをともなう場合は、抜歯が選択されることがほとんどですが、親知らずは必ず抜歯するとはかぎりません。しかし痛みがない場合でもとなりの歯を押したり、むし歯になりやすい位置に生えてきたり、歯並びを乱す恐れがある場合は抜歯が選択されます。どのような処置が必要かは検査して診察してみなければ判断できません。奥歯が痛む、腫れている、ムズムズするなどの症状がありましたら、まずはお早めにご相談ください。

  • 初めてご来院の方へ
  • 歯ぐきの腫れや出血歯周病とはこんな病気です
  • 歯周病の治療について
  • 再生療法って? 歯を支える組織の再生です
  • 歯ぐきのための外科処置	歯周形成外科について
  • 咬み合わせは大切です
  • むし歯も歯周病も予防可能です
  • 失った歯を補いましょう
  • 美しい歯を作製します歯を白くします
  • 歯科タウンはこちら