再生療法

進行した歯周病には再生療法を

歯ぐきの腫れから始まる歯周病。初期段階では、腫れが目立たないため、気づいたときには、進行していることがしばしばあります。そのまま治療しないで放っておくとどんどん進行し、歯を支える顎の骨を溶かしていきます。すると歯がグラつきだし、やがては支えを失って抜けてしまうのです。顎の骨が完全に溶けてしまうと骨の自己治癒(再生)はもう期待できません。では、進行の歯周病になってしまったら、すべてをあきらめなければいけないのでしょうか?

歯周病が進行してしまったら

進行してしまった歯周病でも新しい技術により、顎の骨の「再生療法」が可能になってきました。歯周病治療に力を入れている大分市中央町の歯医者「おの歯科医院」では、お口の状態に合わせてさまざまな再生療法を行っています。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を使用する治療法です。エムドゲインゲルの主成分は、歯が生えるときに重要なはたらきをするタンパク質の一種です。

治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
麻酔をして歯肉を切開し、歯周病によって破壊された部位を除去します。 歯根の表面を酸処理してからエムドゲインゲルを注入し、歯肉を縫合します。 歯周組織の再生を待ちます。
再生療法の注意点
  • すべての顎の骨が再生できるわけではありません
  • まわりの歯が残っている場合に再生の可能性があります
  • 顎の骨が歯根の先までなくなっている場合には再生できません
  • 歯ぐきは下がってしまうことがあります
  • 骨粗しょう症や糖尿病の薬を長期間服用している方には再生は期待できません
  • 喫煙しているとニコチンの作用により再生療法の成功率が低下します
  • 定期的なクリーニングなどのメインテナンスが必要です
治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
麻酔をして歯肉を切開し、歯周病に汚染された部位を取り除きます。 メンブレンを設置し、歯肉を縫合します。 一定期間後、メンブレンを除去し歯周組織の再生を待ちます。
GTRの注意点
  • 術後に痛みがでることがあります
  • そのほかは再生療法の注意点と同じです。

歯周病の治療に力を入れています

歯周病について詳しくは「歯周病について」をご覧ください。重度の歯周病の場合の再生療法はこちらでご紹介しましたが、軽度や中等度の歯周病の治療は、「歯周病治療」でご説明します。歯周病や抜歯によって痩せたり陥没したりした歯ぐきは歯周形成外科で整えます。歯周病やむし歯はメカニズムが分かっているので予防が可能な病気です。詳しくは予防歯科をご覧ください。

  • 歯周病ってどんな病気?
  • 歯周病の治療について
  • 歯ぐきのための外科処置	歯周形成外科について
  • 咬み合わせは大切です
  • むし歯も歯周病も予防可能です
  • 失った歯を補いましょう
  • 美しい歯を作製します歯を白くします
  • 一般的な歯科診療について
  • 初めてご来院の方へ