歯周形成外科

  • ホーム
  • 下がってしまった歯ぐきを整えます

下がってしまった歯ぐきを整えます

重度の歯周病などにより歯ぐきが下がってしまうと、歯根が露出してしまいます。こんな状態は見た目が悪いだけでなく、冷たい物がしみることがあり、むし歯にもかかりやすくなってしまいます。痩せてしまった歯ぐきは外科手術によって成形が可能です。歯周病治療に力を入れている大分市中央町の歯医者「おの歯科医院」にご相談ください。歯周形成外科にも対応しています。

歯周形成外科とは?

痩せて退縮してしまった歯ぐきを元に戻す外科処置を行う診療メニューを歯周形成外科といいます。歯ぐきが痩せた原因を取り除いてから、歯肉などを移植します。

歯肉が痩せてしまう原因
  • 重度の歯周病
  • 歯並びの乱れによる過度の負荷
  • 不適切なブラッシング
  • 加齢
  • 歯ぎしり・食いしばり など

歯周形成外科の治療内容

CTG(結合組織移植術)

CTG(結合組織移植術)

歯肉が痩せてしまったり、抜歯後に陥没してしまったりしている場合に結合組織を移植するのがCTG(Connective Tissue Graft)です。まず上顎の奥歯の内側(口蓋)から結合組織を採取して、歯肉が痩せている部分の上皮と骨膜の間に移植します。

CTGの治療の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
上顎の奥歯の内側の歯肉から結合組織を採取します。 移植する部位の歯ぐきを切開して、その中に採取した結合組織を移植し、縫合します。 状態を確認後、抜糸します。しばらくして傷跡が治癒して完成です。
FGG(遊離歯肉移植術)

FGG(遊離歯肉移植術)

歯根のまわりには、角化歯肉があります。これはコラーゲン繊維が多く含まれている硬くて丈夫な歯肉です。この角化歯肉が歯のまわりにないと歯肉が退縮しやすくなるので、FGG(Free Gingival Graft)では上顎の口蓋から上皮のついた組織を切り取って、歯根のまわりに移植します。CTGは結合組織のみを移植しますが、FGGは上皮も一緒に移植する処置です。

FGG(遊離歯肉移植術)の流れ
STEP1 STEP2 STEP3
STEP1 STEP2 STEP3
歯根が露出している部分のサイズを測り、必要量を上顎の奥歯の内側の歯肉から採取します。 採取した歯肉(上皮と結合組織)を移植して縫合します。 状態を確認し抜糸します。傷跡が治癒したら完成です。

歯周病の治療に力を入れています

歯ぐきの腫れから始まる歯周病について詳しくは「歯周病について」をご覧ください。痩せてしまった歯ぐきを元に戻す歯周形成外科はこちらでご紹介しましたが、軽度や中等度の歯周病の治療は、「歯周病治療」で、そして重度の歯周病の治療は「再生療法」でご説明します。歯周病やむし歯は発症のメカニズムが分かっているので予防できる病気です。詳しくは「予防歯科」をご覧ください。また歯周病の治療とともに力を入れている「咬み合わせ」についてはこちらをどうぞ。

  • 歯周病ってどんな病気?
  • 歯周病の治療について
  • 再生療法って? 歯を支える組織の再生です
  • 咬み合わせは大切です
  • むし歯も歯周病も予防可能です
  • 失った歯を補いましょう
  • 美しい歯を作製します歯を白くします
  • 一般的な歯科診療について
  • 初めてご来院の方へ